騒音おばさんは実は被害者だった!創価学会員による集団ストーカーに立ち向かっていただけだった。

スポンサーリンク

隣に住む創価学会員の夫婦とのバトル。

スクリーンショット(2017-03-30 22.02.13)

事の発端は騒音おばさんの娘さんが骨髄小脳変性症という重度の病気を持っていたこと。その症状でうめき声が出てしまうというのだ、それに対してうるさいと抗議をしたのが隣に住む創価学会の熱心夫婦。
夫婦は以前から創価学会の勧誘をしていたが騒音おばさんはそれを断っていたという。創価学会に入会しないおばさんが気に入らない夫婦は絶好のチャンス言わんばかりに抗議したことからこの事件に発展したという。

残念なことに娘さんはもうお亡くなりになってしまったそうだが、それから騒音おばさんはあのような行動をとるようになったそうです。
近所の住民の話だと『いつもうるさくして申し訳ない』とお菓子を持って謝りに来ていたと、常識人だと話している。

メディアは一方的に騒音おばさんを加害者だと決めつけていましたが、実際はそうではありません。創価学会の力と大人の力によって大事な部分をメディアはカットして放送していたのでしょう。
見ているこちらからしたら明らかに騒音おばさんというキチ○○がいるというような情報しかなかったですからね。真実って恐ろしいですな。

騒音おばさんのキレっぷりはいつ見ても良いね!

こちらの騒音おばさんの真実というまとめ動画がめちゃくちゃわかりやすいですよ。

極楽とんぼ山本の『騒音おばさん』のブチ切れっぷりが面白過ぎるww
極楽とんぼの山本による騒音おばさんモノマネがwww

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA